2021年の節分は124年ぶりの2月2日だったらしい・・・

節分 〜日々の良かったこと〜
Pocket

節分

節分といえば、「2月3日」と思ったが、

どうも、2021年の今年は、1日早い2月2日らしい。



理由は、公転周期が1年でないことが原因で、

「1年=365日と思っている人も多いと思いますが、地球が太陽を回る運動=季節のめぐりこそが、真の1年です。1太陽年(地球が太陽を1周する時間)は暦の1年ではなく、およそ365.2422日=365日+6時間弱なのです」

(国立天文台暦計算室より)

ということです。



節分の起源は

節分の起源については諸説あるが、平安時代に鬼を払い、疫病を退散させる願いを込めて始まった儀式だったとも言われる。1000年の時代を経た現代を生きる私たちの願いも、疫病退散。今年は、いつもよりも1日早い2月2日が節分。忘れずにしっかり鬼を払おう。

疫病退散!?

この言葉に引っかかったのは自分だけ?

いや、今の新型コロナ状況で、これを願っていない人はいないと思う。

南南東に向いて、恵方巻にかぶり付き、

何十年したらただの風邪になるんでしょうが、

 今の時代の早い収束を」と思いながら、ガブガブ食べました(笑)



124年ぶりの2021年の2月2日が節分になったのは、

何かの運命だと感じたので(笑)

なんか、色々と、人に何かを伝えているように感じる、この頃。

ちなみに2022年は2月3日が節分らしいですよ。

タイトルとURLをコピーしました