「自分を褒めること」をすることで気付いたこと。

自分に自信を持つ! 自己啓発
Pocket

自分に自信を持つ!

<前回の記事:

「出来事で反応する!」これを改善すれば・・・


「自分を変える為」に、いろんな書籍を読んだり、
セミナーを聞いたりして思うこと。


「継続して、自己評価をしている?」


はっきり言って、やっていなかった。

「夢を叶えるゾウ」の
「その日頑張れた自分を褒める」という課題。

この課題を読んで実施しても、
3日後になると忘れている・・・


セミナーに参加して、
「自分を褒める為に日記をつけましょう!」
ということを言われる。

「よし、やる!」とやる気を出して、
即実践しても、これまた、数日経つと忘れる。


そんな状態で、ある時、
なんで、俺だけ、いつも不幸なんだ!」と思う。

そして、「今の状況は嫌だ!」と思い、
また、再び自分を変えようとする。


そして、上記の課題に取り組むがサボる。
また、やる気を出して実施しても、サボる。
数年間、この繰り返しをしていた。



で、鴨頭さんのセミナー動画に出会い、
見ている時に、気づいてしまった。


その課題は、何のためにしているの?

また、

その課題を行う理由は? 動機は?
課題の本当の真意は?」って。


はい、全くと言って、課題の意味を理解せずに、
ただ単に、課題を作業として実施していただけ。

そして、課題が苦痛になり、課題をこなすこと、
頑張ることに無意味に感じてしまったから。
だから、自分を変えることにも諦めていたのです。



本当の意味は・・・
その日頑張れた自分を褒める
自己評価をする

この2つの課題の意味は、
セルフイメージを高めること。

また、自分を肯定できるのも、
否定できるのも自分しかない!

ということ。


そして、その思考が、考えが、
自分を創っていること。

また、自分を肯定できる人は、
自信に満ち溢れているし、ポジティブに行動する。



その逆に、自分を否定する人は、
ネガティブな思考になり、行動も消極的になる。

そして、他人から言われたことに落ち込み、
イライラして攻撃的になる。
また、他人の目や評価を気にしてしまう。

↑これ、以前の私です(笑)
本当に疲れてしまうのですね。
自分の人生なのに、他人に左右されることが。

だから、自己評価をすることで、
思考回路を変えました。変わりました。


また、こう思うようになりました。
他人がつけたバッチは必要ない!
(どこかで聞いたセリフですが・・・)


会社組織などにいると、
どうしても意識してしまうのが、
他人がつける自分の評価。


確かに、会社組織内で生き残るには、
必要な要素でしょう。

だけど、それに固執して、
自分を見失っても仕方がない。


それに、会社や社内の人達が、
自分の人生を創造してくれるわけではない。

逆に、「使えない!」と思われたら、
非常にも捨てられる、斬られる。

私は、かつて、これを味わっています。



だからこそ、一番大事なことは、

自分が自分をどう思っているか?
自分自身を大事にしているのか?
そして、自分を褒めているのか?


自分が居ないければ、
好きな人も、大事な人も、家族も、親も、
友達も、仲間も、守れない!と思いませんか?


私は、これらを「守る」の為に、仕事を頑張る!


仕事を頑張るために、
小さなことでも、自分を褒める。

そうすることで、モチベーションが上げる!
苦手なことでも逃げずに、やり遂げられる。


例え、失敗しても、すぐに気持ちを切り替えられ、
また、新しいことにチャレンジできる。



以前の私では、考えらえれないけど、
「自己評価」を行うことで、
このような考え方になっています。


おかげ様で、毎日が楽しく過ごせてます!
有難いことです。


次回は、コツなどを書いていこうと思います。


ここまで、読んで頂き、ありがとうございます!

《参考書籍》

夢をかなえるゾウ1 [ 水野敬也 ]

価格:847円
(2021/7/5 23:56時点)

タイトルとURLをコピーしました