時間の多さに気づく

〜日々の良かったこと〜
Pocket

24時間という時間

こんにちは、シュウです。

コロナの影響で、去年と比べて価値観が変わったような気がします。

今までは、会社に行くのが当たり前。満員電車は当たり前。上司の指示は絶対に従う。

売上を作るのが当たり前・・・・などなどがあったのですが、

コロナでの休業やリモート業務などを通して、これらの当たり前が外れて、

違った価値観が出来て物事の見え方が変わってきました。

元々、人付き合いは苦手だったので(接客業をしているのは謎)、

リモート業務などは、余計な人付き合いをしなくて良く、

通勤などがない分、時間に追われることなく、心に余裕が出来て、

自分のペースで仕事に取り組むことが出来た点が大きい。

仕事量も自分でコントロール出来るので、

早い時間に仕事をこなして、余った時間で、

仕事に役立つようなことを勉強したり出来た点が多い。

また、無駄な人付き合いがなくなったので、

自分を見つめ直したり、人間関係の精算も出来たので、スリムになりました。

このような日常を通して、思ったことは、

「時間って言うのは、非常にたくさんあるんだ」と言うこと。

また、コロナ前、「どんなけ時間を無駄にしていたんだ!」

と改めて思いました。

この休業やリモート業務がなかったら、気付かなかった時間の大切さ。

時間でお金が作れるが、お金で時間は生まれない!

と言われていますが、時間があることで、なんでも出来ると思います。

コロナはまだまだ続くと思うので、この機会に、

普段の時間の使い方を見直してみたらいかがですかね?

タイトルとURLをコピーしました