「親孝行」をしようと思うけど、何をすれば良い?

親孝行 〜日々の良かったこと〜
Pocket

「親孝行」をしようと思うけど、

何をすれば良いか?と考えてしまう。




昔は、

「何か買ってあげる!」

「何かしてあげる!」

「お金を渡して・・・」

「出世して・・」とかとか、

色々と考えて実施したけど・・・





今は、何か、これらの行動に違和感を感じてしまい、

「親孝行をする!って、実際、なんだろう?」

と思ってしまった。





それで、ネット社会で色々と調べてみたけど、

エゴとか教育信仰とか書いている記事を見つけたし、

「親孝行はしなくても良い」と言う記事も見つけた。


そういう記事を読んで分かったことは、

確かに、「親孝行」と言うのは、

昔からの慣習であったり、

教育や親のエゴで生まれているのかも・・・




でも、親に育ててもらったこと。

親が望んで産んで頂いたことに対して、

感謝することが大切なので、

親孝行はした方が良い!と私は考えてます。





また、好きな人がいる時って、

「どうやったら喜んでもらえるか」や

「どうやったら振り向いてもらうか?」など

その人の事を想って、色々と考えると思う。


そして、付き合いだしてからも、

その人のことを大切に思い行動すると思う。

それは、大事なパートナーや友達に対しても同じだと感じます。




ただ、「親」と考えると「親孝行が面倒!」って思うのは、

自分と近い関係であり、側に居て当たり前!と思っているから。


だから、親に対して、

書くことができない言葉で反論もするし、

思ったことをぶつける事もできるし、

文句を言うこともできる。




本当に、産まれてから、

空気と同じように、

ずっと、ず〜〜〜と、側にいるからね。


側にいるのが当たり前になっている存在。

「親が居て当たり前」と言うのが

考えのベースになっているから、

普段では、感謝もしづらいと思うよね。


スポンサーリンク

「親孝行をする!」と思ったきっかけ

・両親の手術・入院

今年に入って父親が心臓にペースメーカをつける。

無事に手術は終わったが、手術中に何度か心臓が止まる。

2〜3年前から高血圧にて病院に通院していたが、

最近になって「脈拍が異常に低い」ということで原因を追求。


その結果、心臓の脈拍を司る機能が低下しており、

身体中に血を送る為に、体が血圧をあげていたことが、

最近になってわかる。





母親も自分が20代の時に、ガンで他界したが、

その時も、初めは「大腸にポリープがある」

「胆石ができている」

という症状からのスタート。


そこから、あれよあれよと2〜3年の間に、

大腸癌→腸閉塞→肝臓癌からの肺・脳に転移し

そのまま息を引き取る。


その最後の時に、「親が死んでからの親孝行は遅い!」と思い、

「親を大切にしていこう」と考え、心を入れ替えた。




普段しない家事や遊ぶお金を渡したりして、親が喜ぶ行動を行った。

ただ、親が健康であればあれば、その意識が薄れていく。

そして、意見が合わなければ、激しく喧嘩し、

数年間、疎遠になったりしたが、ある時期を境に和解し、

良い関係になっていった。

そして、そろそろ、父親に何かしようかね〜と思った矢先に、

今回の父親の手術。





親が死んでからの親孝行は遅い!

そして、あの言葉が脳裏に浮かぶ。

親が死んでからの親孝行は遅い!

で、最初の文の悩みに戻る(笑)





そして、今、何をすることが、

一番、喜んでくれるのか???

と考える。



でも、忘れてはいけないのは、

自分の人生が、親の人生になってはいけない!

と言うこと。





親は親自身の人生を真っ当に歩いている。

恐らく、叶えられなかった夢や目標もあるだろうし、

いろんな制約を受けただろう。

そして、不満もあっただろうけど、

充実した人生という道を歩いている。

だから、「同じ道を歩いてくれ!」

とは言わないことは分かっている。




だけど、


生きている限り、

幸せで楽しい生活を送ってくれ!

作ってくれ!

そして、支えてくれる人に感謝を


という気持ちがヒシヒシと伝わる。





だから、親の夢の1つを、

親が生きている間、叶えてあげようと思う。

家庭を養うために捨てた、

本当に、親が叶えたかったこと。

成し遂げられなかったこと。

を1つだけ、叶えてあげようと思う。




そして、生きる喜び、勇気を

親に与え続けようと思う。


それが、自分が考えた「親孝行」という答え。

そして、自分自身ができなかった後悔をしたくないから。




これからも元気で長生きしてくれることを祈ってます。

そして、コロナが落ち着いたら遊びに行きます!

タイトルとURLをコピーしました