自分は何がしたい? 何を望む?

人生の悩み
Pocket

前回の悩みから、自分は何も望んでいないような気がする。


口に出したり、みんなに「起業する!」と伝えたとしても、
結局、何もしない。何も起こさない。
それだけでなく、今の現状の不満を口に出す。


1人の時に不満を出すのは良いけど、一緒にいる人の前でも出す。
聞いている人にとっては、どうでもよく、気分が悪い。
(このサイトを読んでいる人も気分が悪い!と思います。
申し訳ない。)


また、目標に向かって動いたつもりでいる。
やったつもりでいる。物凄く達の悪い自分。
本当に、失敗を恐れているような気がする。



自分は自分だけど・・・
本当に、自分の夢を叶えている人を見ると、
その行動力の差に明らかに違いを見てしまう。

そして、物凄く厚い壁も同時に見てしまい、
目の前に見える世界に尻込みしてしまう。
同時に、その世界で頑張っている人を見て、
頑張れていない、
力不足の自分に対して、悔しい思いで腹が立つ。


鬼滅の刃/第66話「黎明に散る」

「悔しいなぁ 何か一つできるようになっても 
 またすぐ目の前に 分厚い壁があるんだ。

 すごい人はもっとずっと先のところで戦っているのに、
 俺はまだそこに行けない」

鬼滅の刃/第66話「黎明に散る」


この、セリフを見たときは、
今の自分を見ているようで泣けた。


そして、自分を見つめ直し、
ぶつぶつ不満を言うよりも、
少しでも良い、前に進もう。


過去の自分よりも、昨日の自分よりも
1%でも良いから成長していこう!と思った。



本当に遅咲きではあるが、
叶えたい未来が見えているなら、
指を咥えて眺める、諦めるより、


「叶えるために、達成できるために、
今の自分は何ができる?
何をしていく?」

と考えていくようにした。



だって、死んだら、自分という人生は終わるので。
どうせ、「死」というゴールがあるならば、
最後まで、楽しく、自分らしく生きようと思うから。

今まで、散々、後悔ばかりしてきた人生。
この壁を抜けるぐらい、どうってこともない。
だって、もう失うものはないから。


(続く)

タイトルとURLをコピーしました