この本が大好きです! 「夢を叶えるゾウ4」

夢をかなえるゾウ4 自己啓発
Pocket

夢をかなえるゾウ4


〜あらすじ〜

家族を愛する会社員。

彼は夢は「このままの日常がずっと続くこと」。

しかし彼は余命3か月を宣告されてしまう。

残り3か月で家族のために一体何ができるのか。

さらに事態は思わぬ方向に展開し、衝撃のラストへ――。

夢をかなえるゾウシリーズ史上、最高に笑って泣ける、

自己啓発エンタメ小説、第4弾!


出典元  〜夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神~





スポンサーリンク

○この本に出会い、読書を断念した理由

ビジネスを教えてくれた人からの紹介で読んでいる本。

「夢を叶えるゾウ」シリーズの新しいシリーズが

2020年の夏に発売。




ちょうど、1回目の緊急事態宣言が明けた時期で

今後のために、Pythonの教材を買いに行った際に、

本屋で目に留まり、教材より先に購入(笑)


Python教材より先に読み始めたが・・・

自分が、この本の主人公みたいになり、

今、残された子供達はどうなるのか?

大事な人や家族、仲間達にも、何ものこせてない!

と思うようになり、思考が止まり、

急に読むのが怖くなり断念。




○再度、本を取り・・・・学ぶ

そのまま、今日まで放置された本。


たまたま、調べ物でネットで、この本に再会し、

本棚から埃まみれになった、

購入から放置された本を手に取り、

再度、読み始めると・・・

初めは、笑いが出て、ページが進むが、

途中から、涙が止まらなくなる・・・と状態に(笑)



いや、この本、なんで購入時に読破しなかったか、分かったし、

このタイミングじゃないと、自分に響かなかった。

理由は、この本が「夢を手放す=あきらめる=受け入れる」ことを

主体に書いているから。


今までは、「夢を叶える」コツを書いていた本だけに、

戸惑ってしまう点と、「夢は叶う!」という考えがついているし、

今の社会構造が「夢を持ち、それに向けて努力する!」のが

当たり前になっているので、叶えられなかったり、

達成できない時の苦しみ感情に、どう立ち向かうかを書いていたから。


だから、当時は、直感的に、

このような考えが受け入れられず、

読むのを止めたのだと思う。




そして、月日が流れ、

今度は、逆に、迷ってしまった状況の中で、

「こういう方法もあるよ!」と、

この本は示してくれたのだと思う。



○この課題だけを継続する。

もともと、このシリーズは課題が多い。

引用しますが、

ガネーシャからの課題

・健康に良いことを始める

・死後に必要な手続きを調べる

・お金の問題がなかったらどんな仕事をしたいか夢想する

・大きな夢に向かう小さな一歩を、今日踏み出す

・人に会ってわだかまりをとく

・「死ぬまでにやりたいことリスト」を作る

・経験したことのないサービスを受ける

・節約を楽しむ

・思い切って仕事を休む

・自分の体に感謝する

・身近な人に感謝の言葉を伝える

・周囲の期待と違う行動を取る

・限界を感じたとき、もうひと踏ん張りする

・両親の生い立ちを知る

・かなえてきた夢を思い出す

・他者の欠点を受け入れる姿勢を持つ

・見る場所を変える

・相手の背景を想像する

・他人に完璧さを求めている自分に気づく

・つながりを意識する時間を持つ

・喜怒哀楽を表に出す

出典元  〜夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神~


死神からの課題

○人間が死に際に後悔する十のこと

・本当にやりたいことをやらなかったこと

・健康を大切にしなかったこと

・仕事ばかりしていたこと

・会いたい人に会いに行かなかったこと

・学ぶべきことを学ばなかったこと

・人を許さなかったこと

・人の意見に耳を貸さなかったこと

・人に感謝の言葉を伝えられなかったこと

・死の準備をしておかなかったこと

・生きた証を残さなかったこと

・自分の死後、人に伝えたいメッセージを書く

出典元  〜夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神~

この課題の多さ😭

いつも多いのだけど、今回は非常に多い。


で、1日だけ、この課題を達成するだけでなく、

常に、継続をしないと意味がないのだけど・・・

なかなか、継続できないでいるのが現実。




その中で、今回のシリーズでの課題で

つながりを意識する時間を持つ」ということ。


「物質を形作る

一番小っさい単位の粒子を想像してみい。

岩も、石も、砂も、人間も、

その粒子が集まってできたもんやとしたら、

この世界に存在するものはすべて、

同じ素材で作られたものが、

形を変え続けているだけて

言えるんちゃうか」

出典元  〜夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神~


この言葉を見ながら、

自分の頭の中で、粒子レベルまで

できる限りイメージしたら、

なんかスゴイ!凄過ぎる!!と思った。


実際に、著者が考えているイメージと

自分が思っているイメージは違うと思うけど、

1つ1つの粒子が形を作っていて、

共同体として生活をしている。


その中で、死の世界も、

出世も、憧れもないということ。

そして、役目が終わった粒子が、

地球という大きな粒子に還り、

形を変えている・・・。


ただ、それだけであれば、

何も問題はないけど、

どうしても日常を送っていると

苦しみがありますよね?

「なぜ?」と思うと、答えは書いていました。

人間が存在する理由は何か?

それは、苦しみも、

その苦しみに支えられた喜びも、

すべてを

『経験』

するためや。

出典元  〜夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神~


非常に悲しくなりましたね。


そして、今、抱えている悩みや不安が

「そうか。

 これを経験をするために、

 悩みなどがあるのか!」

と思い、一瞬にして、

悩みが消え、心が軽くなりました。


なぜなら、「経験」することが

私の中では生きる理由になり、

それを学び、喜怒哀楽を表現できることで、

生を感じ取れると思ったから。



また、死神の教え

「人間が死に際に後悔する十のこと」も、

本を読んでいて悲しくなることや

泣けることは、あんましないのだけど、

今回は完敗ですね・・・(笑)





非常に価値がある本だと思うので、

一度、読むことをお勧めしますよ😀

時間ある時に、どうぞ!

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神

新品価格
¥1,564から
(2021/1/31 13:55時点)

自己啓発
スポンサーリンク
自己啓発の効果的な手段 | マイナス思考から脱却した方法  
タイトルとURLをコピーしました